HARUです。

僕は小さい頃から基礎疾患持ちで、ワクチン接種にはかなり不安や抵抗を感じていたんですが、決心して打ってきました。

1回目、2回目の症状をまとめてみましたので、よかったら参考にしてみてください。

 

ワクチン接種に踏み切った理由

ワクチン接種に関して僕は次の二つの選択肢を考えました。

「ワクチン接種はしないで、常に注意、警戒しながら現状維持していく」または「ワクチン接種して、基礎疾患が悪化したとしても不安を取り除く」のどちらかです。

考えた末にワクチン接種することに決めたんですが、理由としては、新型コロナに感染して自宅待機状態まで悪化してしまったとき、もう元の身体は戻れないんじゃないかと思ったからです。

僕は現在30代なんですが、10代、20代の頃に比べて明らかに体力が落ちているのを実感しているので、そんな不安がよぎりました。もしそうなるんだったら健康なうちにワクチン接種した方が、たとえ基礎疾患が悪化したとしても、まだマシなんじゃないかと思って踏み切りました。

1回目ワクチン接種

ワクチン:ファイザー製

接種時間帯: 約15時に接種

接種後の体調

接種直後は痛み、体調不良はなかったです。

3時間後には腕の痛みが出てきて、真上までは上げられない状態になりました。

4時間後には急な気だるさも出てきたので、ベッドで横になり睡眠をとっていたのですが、大量の寝汗をかきました。けっこうな高熱を出していたと思われます。熱と痛みを和らげるためバファリンプレミアムを二錠飲んで対応しました。

加えて喘息の症状が出ていて、少し呼吸が苦しくなったのですが、呼吸器が必要となるほど酷くならなかったので良かったです。自然と落ち着きました。

12~24時間後には、腕の痛みは5割回復、体温も平熱で喘息も落ち着きました。

48時間後にはもう腕の痛みが8割回復、意識を向けなければ気にならないくらい程度で、72時間後は正常に戻りました。

気だるさは、腕の痛みと一緒にだんだんと無くなった感じがします。

2回目ワクチン接種

ワクチン:ファイザー製

接種時間帯: 約15時に接種

接種間隔:予約がうまくとれず1回目から31日後の接種

接種間隔について

厚生労働省の資料によると、海外の臨床試験において「1回目接種から24~42日後に2回目接種された被験者に係るワクチン有効率(SARS-CoV-2感染歴がない被験者)は、73.3%、例数が少なく確定的な評価は困難であるが有効性は期待できる。」との記載がありましたので、間隔があいても、それなりの効果があると思われます。

参考資料:ファイザー社の新型コロナワクチンの接種間隔について

接種後の体調

接種直後は痛み、体調不良なかったです。

1回目と同様に3時間後くらいから腕の痛みが出てきて、真上には上げられない状態でした。

不思議と発熱は無かったです。腕の痛みを和らげるためにバファリンプレミアムDXを2錠飲んで対応しました。

4時間後には早めの睡眠をとって、睡眠中にほとんど痛みが無くなりました。24時間後には日常に支障なく動かせるようになっていたと思います。

気だるさは少しありましたが、24時間後にはほとんど無くなりましたね。喘息の症状も出なかったです。

2回目接種から1週間経過後

1回目、2回目のような副反応は今のところ無いです。(良かった)

まとめ

僕の場合だと1回目接種の方がキツかったです。周りの意見を聞くと2回目の方が酷かったという人が多かったのですけどね。

一番心配だった基礎疾患の症状(喘息発作)は少し出ましたけど、ほとんど悪化することなく自然と落ち着いたので良かったです。