HARUです。

僕が使っているスマホケース(iFace First Class Standard)はワイヤレス充電に対応していません。なので充電するなら別のケースに買い替えるべきなのですが、ケース内部のメタルプレートを取り除くことで充電することができたので、情報シェアしたいと思います。

よければ参考にしてみてください。 ※動作や強度の保証はできませんので、やる際は自己責任でお願いします。

分解・改造

メタルプレートの位置を確認

裏面に磁石を当てると点線の形でメタルプレートが入っているのが分かると思います。

メタルプレートの形に沿って切り取り

カッターを使って切り込みを入れていきます。樹脂が固いので、1回で切ろうとせず何回か繰り返して切ったほうがよいです。

僕はコの字の形で切り取りました。一辺でも残した方が強度が保てると思ったので。

メタルプレート取り出し

樹脂部分を剥がしたら、次にメタルプレートを剥がしていきます。

かなり強い粘着性テープで付いているので注意してください。

僕はパワーで引き剥がしましたが、ヒートガンなどで温めてから剥がしたほうが楽かもしれません。(プレートが歪むくらいのパワーが必要でした)

樹脂部分を元に戻す

メタルプレートが無くなった分、隙間ができてしまいますけど僕はそのままにしています。

両面テープを使って隙間を埋めようと考えたんですが、ワイヤレス充電するんだったら、隙間に何もないほうが良いだろうと思ったのでしていません。

使っているスマホとワイヤレス充電器

僕が使っているスマホはiPhoneSE2で、ワイヤレス充電に対応しています。

充電器は Anker PowerWave 10 Stand(改善版) です。

関連記事:【便利】Anker PowerWave 10 Stand(改善版)レビュー

この条件であれば充電できると思います。

まとめ

初めてのスマホケース(iFace First Class Standard) の分解、改造だったんですけど、うまくいって良かったです。

動作不良も無く充電できたので、このまましばらく使っていこうと思います。

よければ参考にしてみてください。