HARUです。

久しぶりに激しい運動や筋トレなどすると筋肉痛になりますよね。

そうなったときの対処法をまとめましたのでご紹介します。

 

38~39.0℃程度のぬるま湯に浸かる

38~39℃程度のぬるま湯にゆっくり浸かることで、筋肉がほぐれ血行が良くなり、痛みの軽減効果があるようです。

入浴時間は10~15分くらいが目安で、長時間の入浴は肌の乾燥、脱水症状を起こす可能性があるので注意です。

静的ストレッチをする

ストレッチには、ラジオ体操のような動的ストレッチとヨガのような静的ストレッチがあります。

筋肉痛には静的ストレッチをおこなうで痛みの軽減効果があるようです。

十分な睡眠をとる

睡眠中に分泌される成長ホルモンが筋肉を修復する働きをしてくれるそうです。

激しい運動や筋トレなどした日はゆっくり休めるようなスケジュールを組むと良いですね。

ウォーキングや軽いジョギングをする

ウォーキングやジョギングといった有酸素運動は、筋繊維の修復を早めてくれます。

ただ、普段からしていない場合だと逆に悪化する可能性があるので、取り組むときは無理しない程度にしましょう。

熱を持つような筋肉痛の場合

熱を持つような筋肉痛は、かなり炎症を起こしている可能性が高いので、氷を入れた袋や冷たいタオルで冷やした方が良いです。冷湿布を使っても良いですね。

必要な栄養をとる

回復に必要な栄養を意識して取ることで治りを早めてくれます。

筋肉を構成するためのタンパク質や抗炎症作用のあるビタミンC、疲労回復効果のあるビタミンB1などです。

僕はあまりご飯を食べられないので、プロテインやサプリをよく飲んでいます。

まとめ

僕はこれらの方法を知るまで「できる限り動かさず、痛みがなくなるまで待つ」という考え方しか持っていなかったので「逆に軽い運動をしたほうが治りが早いのか」とか「言われてみれば栄養も重要だよな」とか色々と気付かされました。